Skip to content

バッテリーに関するFAQ-すべてのバッテリータイプ

トピックを閲覧する

保管方法

はい極度の高温や冷温環境では、バッテリー性能を低下させます。そのため、湿度が高くない場所での常温保存をお勧めします。さらに電池式デバイスの高温の場所での設置は避けてください。また、冷蔵保管も推奨しません。

最高のパフォーマンスのために、バッテリー接触箇所やバッテリーコンパートメントの接点は清潔に保ってください。

高温や冷温環境はバッテリー性能を低下させるため、冷蔵保管は推奨しません。電池は湿度が高くない、常温環境での保管をお勧めします。また、電池や電池式機器の高温場所での保管は避けてください。

プロセル社の単3、単4、C、D電池の消費期限は7年です。プロセル9V電池は、最大5年間使用できます。

使用方法

電池はシンプルに見えますが、電力をパッケージして供給するには複雑な電気化学プロセスが必要とされます。

電球などデバイスの電源を入れると、外部回路に電子の形で電流が流れはじめます。この時、陽極材料の亜鉛は酸化と呼ばれる過程で1原子あたり2個の電子を手放し、不安定なイオンである亜鉛(Zn)の電荷が残ります。電球に電力を供給する役目を終えた電子は、陰極で再びセルに入り、活性物質である二酸化マンガンと結合して「還元」というプロセスを経ます。

酸化と還元の複合プロセスは、電子を陽極に戻す内部の方法で外部からの電流の流れとバランスをとらなければ、電池内では発生しません。このプロセスは電解液と呼ばれる水溶液中に存在する負電荷を帯びた、水酸化物イオンの移動によってもたらされます。

陰極に入った電子は、二酸化マンガンと反応してMnOO-を形成します。そしてMnOO-が電解液に反応します。この時点で水が分解され水酸化物イオンが電解液中に放出され、水素イオンがMnOO-と結合してMnOOHとなります。

陰極で生成された水酸化物イオンが、イオン電流として陽極に流れて内部回路が完成します。電子が外部回路に放出されると、陽極で生成された不安定な亜鉛イオンと結合します。これにより酸化亜鉛と水が生成され、回路(一定の電気を流し続けるために必要なもの)が完成し、機器に電力が供給されます。

バッテリー寿命は、ミリアンペアアワー(mAh)で測定できます。このユニットは時間の経過に伴う電力を表します。

バッテリー寿命を延ばす方法は以下をご覧ください:

  • 電池式ラジオなど電化製品を使用しないときは電源を切る。
  • 電池を保管する際は、接点が触れないようにして乾燥した常温の場所で保管する。

ご使用の機器に搭載されている電池は、必ず機器メーカーが指定するサイズと種類の電池に交換してください。標準サイズの電池(AAA、AA、C、D、9V)の場合、優れた性能を備えるアルカリ電池使用をお勧めします。ジンクカーボン電池は寿命が短く、使用すると機器が正常に動作しない場合があります。これは、ジンクカーボン電池の化学的特性でmAhと充電量が低いためです。

さらに高ドレインのプロ使用デバイスには、独自のパワープロファイルで長持ちするように設計されたプロセルアルカリインテンスパワー電池(従来のプロセルアルカリ単3、単4、C、D電池ではなく)の使用を推奨します。血圧計、ソープディスペンサー、懐中電灯など大量電力やピーク電力を必要とする業務用機器にご使用ください。

すべての電池を同時に交換することをお勧めします。使いかけの電池を一緒に使用すると、新しい電池からエネルギーが失われ、稼働可能電池容量が減少します。

いいえ、電池によって寿命や出力が異なります。バッテリーの化学性質や、電力を供給する機器のニーズによって異なります。

いいえ、プロセルバッテリーは水中や真空状態での使用は想定していません。プロセルのセル設計により、

-4°F~129.2°F、つまり-20°C~54°Cの低温で、リチウムコイン電池とハイパワーリチウム電池では、-4°F~140°F、つまり-20°C~60°Cの温度での動作が可能です。

古い電池と新しい電池の混在使用はお勧めしません。そのような混在使用は全体の性能が低下し、電池の液漏れや破裂の原因になります。必要に応じて、機器内すべての電池を交換することをお勧めします。

次の場合は、電池をデバイス/機器から取り外す:

  • 電池が消耗している。消耗状態は、デバイスへの電力供給が失われたり、電圧計の読み取り表示値が弱くなることでわかります。
  • デバイスへの電力供給がバッテリーでなく、AC電源で行われている。

ご使用機器の説明書に従い、+(プラス)とー(マイナス)端子を合わせ、電池を正しく挿入してください。デバイスとバッテリーの両方に、明確に表示されています。

注意:3個以上の電池を使用する機器の中に、1個の電池を誤った端子に挿入しても正常に動作しているように見えますが、電池の液漏れや破裂を招き、デバイスの故障につながる恐れがあります。

プロセルアルカリ乾電池は、低・中・高容量の全機器に使用できますが、プロセルアルカリ乾電池インテンスパワーシリーズは、電子ドアロック、ソープディスペンサー、セキュリティカメラなど、大量電力やピーク電力が必要される高容量プロ用機器で、より長持ちするよう特別設計されています。(従来のプロセルアルカリ乾電池AA、AAA、C、Dと比較)

プロセルインテンスパワー電池は、低・中容量機器に使用できますが、電子ドアロック、ソープディスペンサー、セキュリティカメラなど、大量電力やピーク電力を必要とする高容量プロ用機器向けで、より長持ちするよう独自電力プロファイルで特別設計されています。(従来のプロセルアルカリ単3、単4、C、D電池と比較)

電池の化学的性質

「充電式」と明記された電池以外は充電使用はできません。充電不可電池を充電しようとすると、破裂や液漏れの原因となります。プロセルアルカリ電池は、充電式ではありません。

「アルカリ」とは、電池を構成する化学成分を指します。

アルカリ乾電池またはアルカリ二酸化マンガン乾電池は、高濃度かつ連続的なドレイン条件で最大10倍のアンペアアワー容量を実現するなど、亜鉛-炭素電池に比べ多くの利点があります。また、低温での性能も従来の水系電解液一次電池より優れています。また、保存期間の延長、耐漏性や低温性能の向上などの大きな利点があります。より効果的で確実なシールが優れた耐漏出性、耐腐食性を実現します。

現在、プロセル社は2種類のアルカリ電池を製造:「プロセルアルカリ」「プロセルアルカリインテンスパワー」

リチウム電池とアルカリ電池は、各デバイスで最大限の性能を発揮できるように異なる化学性質を保持しています。

プロセル・ダークグレイ・バッテリーは、従来のプロセル・イエロー・バッテリーに比べて新しく改良されています。以下をご覧ください:

  • プロセルインテンスパワーシリーズは、懐中電灯、防犯カメラ、ペーパータオルディスペンサーなど消耗の激しい業務用機器に、従来のプロセルアルカリ単3、単4、C、D電池より長持ちするよう独自のパワープロファイルが設計された電池です。
  • プロセルアルカリ製品は、リモコンやワイヤレスキーボードなど業務用機器で安定した性能を発揮するよう設計改良された優れた汎用電池です。(従来のプロセルアルカリ単3、単4、C、D電池と比較)。

プロセル社では以下の高ドレイン機器にはプロセル・インテンス・パワー・バッテリーを推奨*します。(非網羅的リスト)

  • 血圧計
  • ペーパータオルディスペンサー
  • 電子ドアロック
  • 防犯カメラ
  • 温度計
  • 金庫
  • カメラのフラッシュ
  • 輸液ポンプ
  • 手術用ステープラー
  • 自動臭気除去装置
  • 医療用セメント混合器
  • 医療用焼灼装置
  • ワイヤレスビデオドアベル
  • モーションセンサー付きゴミ箱
  • ソープ/サニタイザーディスペンサー
  • 電動ウィンドウシェード/ブラインド
  • インスリンポンプ

*電池の寿命は、使用頻度、使用温度、負荷、遮断電圧によって異なります。

プロセル社では、以下の高放電量機器にてプロセル・インテンス・パワー・バッテリー使用を推奨*しています。(非網羅的リスト)

  • 血圧計
  • ペーパータオルディスペンサー
  • 電子ドアロック
  • 防犯カメラ
  • 温度計
  • 金庫
  • カメラのフラッシュ
  • 輸液ポンプ
  • 手術用ステープラー
  • 自動臭気除去装置
  • 医療用セメント混合器
  • 医療用焼灼装置
  • ワイヤレスビデオドアベル
  • モーションセンサー付きゴミ箱
  • 石鹸/サニタイザーディスペンサー
  • 電動ウィンドウシェード/ブラインド
  • インスリンポンプ

*電池寿命は使用頻度、使用温度、負荷、遮断電圧により異なります。

製造方法

電池は小さいですが、シンプルではありません。

高度に設計された電気化学セルです。化学エネルギーは、酸化還元反応により電気エネルギーに変換されます。このプロセスは電池の3つの主要部分、陽極、陰極、電解液間で発生します。

これらの部品は電池の種類により使用材料が異なります。部品材料は、電流を発生させるのに必要な電子をどれだけ多く与えるか、あるいは引き寄せるかによって選ばれます。

陽極は金属、陰極は金属酸化物、電解液はイオンの流れを促進する塩水であることが多いです。

1860年代、フランスのジョージ・ルクランシュ氏が世界で初めて一般に普及した電池の原型「ジンクカーボン電池」を開発しました。

陽極には亜鉛と水銀を合金した棒を使用しました(アレッサンドロ・ボルタのオリジナルセルの陽極である亜鉛は、この作業に最適な金属の1つであることが判明)。陰極は砕いた二酸化マンガンと炭素を入れた多孔質のカップでした。その中にカーボンロッドを挿入して、カーボンチャージによる集電体としました。電解質である塩化アンモニウムの液体に、陽極と陰極のカップを両方とも浸しました。このシステムを 「ウェットセル 」と呼びました。

ルクランシュの電池は頑丈で安価でしたが、1880年代に改良型「乾電池」へと代わりました。陽極はセルの入った亜鉛缶になり、電解液は液体ではなくペースト状になって、現在のジンクカーボンセルが開発されました。

いいえ、プロセル社の全電池には水銀を一切使用していません。

プロセル電池のパッケージに記載されている日付は有効期限、保存期間を表示してます。プロセル社のバッテリーには製造日表示はありませんが、以下より使用期限が推測可能です。

プロセル社の単3、単4、C、D電池は信頼できる性能を7年保持します。プロセル社の9V電池は、最大で5年間使用できます。

環境への配慮

すべての電池(アルカリ電池、充電式電池、リチウム電池、酸化銀電池、空気亜鉛電池)は、地域の指導に従ってリサイクルが可能なため、各自治体の廃棄方法に従ってください。

プロセル社のアルカリ乾電池は主に鉄、亜鉛、マンガンといった一般的な金属で構成され、通常の使用や廃棄では環境や健康被害に及ぼしません。プロセル社は消費者の皆様が求める性能を維持し、1990年代初頭からプロセルアルカリ乾電池の水銀添加を自主的に全廃しました。

プロセル社のアルカリ乾電池は主に鉄、亜鉛、マンガンといった一般的な金属で構成されており、通常の使用や廃棄では環境や健康被害に及ぼしません。プロセル社は消費者の皆様が求める性能を維持し、1990年代初頭からプロセルアルカリ乾電池の水銀添加を自主的に全廃しました。

トラブルシューティング

万一、電池が濡れたり、白い粉が付着した場合は取り扱いを中止してください。バッテリーを適切に取り外し、適切な廃棄方法で廃棄し、露出した表面や衣服を直ちに石鹸と水で洗い流してください。目に入った場合は、直ちに流水で15分以上洗い流して医師の診察をお勧めします。

ほとんどの電池は肌に害を与えない化学物質ですが、水酸化カリウム(KOH)や電池セルに含まれる内部化学成分が直接肌に触れた場合、それらの化学物質に触れた場合と同様の扱いが必要です。電池の化学物質が露出した状態で取り扱う場合、必ず注意事項に従って取り扱ってください。電池の化学物質を目の近くに置いたり、口にすることはやめてください。万一このような事態が発生した場合、直ちに医師の診察を受けてください。

バッテリー漏れ後の掃除は、以下に従ってください:

  • 換気の良い場所で作業してください。
  • 手袋と安全眼鏡を着用してください。
  • 歯ブラシや綿棒などを用いて、電気接点に付着した電池の液漏れを取り除いてください。
  • 電子機器が完全に乾いたことを確認した後、新しい電池を試してください。

今後、問題を回避するために、以下の方法を採用してください:

  • 異なるブランドの電池を同じ機器に混合して使用しないでください。
  • 保管中の機器の電池を取り外す。
  • アルカリ電池、ニッカド電池、ニッケル水素電池の液漏れを清掃するには、希釈した酢、またはレモン汁を水と同量(50/50の割合)で混ぜたものを使用します。

電池は絶対に火へ投棄しないでください。爆発や破裂の恐れがあり、安全上の問題が生じます。

ご購入店舗

プロセル社のバッテリーに問題が生じた場合、下記へご連絡ください。(877) 277-6235

プロセル社のバッテリー販売代理店へのお問い合わせは、ウェブサイトの「お問い合わせ」から、プロセル社の担当者がご連絡致します。